国際貢献と多文化共生

 SDGsの目標10では『人や国の不平等をなくそう』が掲げられ、国内及び各国間の不平等を是正することを目標としています。2030 年までに、年齢、性別、障害、人種、民族、出自、宗教、経済的地位、その他の状況に関わりなく、すべての人々の能力を向上させて、社会的・経済的・政治的に関与できるよう促進するという目標が設定されています。

 YSPではインドネシア、カンボジア、ネパール、韓国での海外プロジェクトを推進し、フィリピンでの教育支援活動をサポートしてきました。国を超えた交流を推進し、各国間の偏見、不平等の是正に向けた活動に取り組みます。また、国内在住の外国人との交流活動、イベントの企画を通して、人種、民族、宗教の違いを超えて外国人が日本に住みやすい環境づくりをサポートしながら、多文化共生社会を目指します。

関連活動報告

チャリティースポーツ大会

 市内の体育館を借りて、チャリティスポーツイベントを行いました。  スポーツは、バドミントンを行い、中高生・青年が集まってスポーツ大会を行いました。 ス...[続きを読む

チャリティースポーツ大会

 市内の体育館を借りて、チャリティスポーツイベントを行いました。このイベントは、毎月開催しており、今回は6回目です。スポーツは、ソフトバレーを行い、多くの...[続きを読む

チャリティースポーツ大会

 市内の体育館を借りて、チャリティスポーツイベントを行いました。このイベントは、月に2回開催しており、今回は5回目です。スポーツは、卓球を行い、今回は初め...[続きを読む

チャリティースポーツ

 3月21日、米子市内の福生体育館で、ソフトバレーを行いました。初めての参加者や親子連れを含めておよそ20人が参加しました。参加費の一部はチャリティーとし...[続きを読む

チャリティースポーツ大会

 市内の体育館を借りて、チャリティスポーツイベントを行いました。このイベントは、月に2回開催しており、今回は4回目です。参加人数は今までで一番多く、親子や...[続きを読む

チャリティースポーツ

 2月23日、モリンガ植林支援のためのチャリティースポーツを行いました。今月2度目の活動ですが湖山西地区体育館に大学生や社会人らが集まり、交流しながらスポ...[続きを読む

エコキャップ活動

 2021/01/27~2021/02/22の約一ヶ月間でエコキャップ1.6kg(先月比:+0.3kg)を回収しました。福祉会館へ持ち込み、ワクチン約0....[続きを読む

チャリティースポーツ大会

 市内の体育館を借りて、チャリティスポーツイベントを行いました。このイベントは、月に2回開催しており、今回は2回目です。前回より女性が多く参加してくれまし...[続きを読む

チャリティースポーツ

 建国記念日の2月11日、モリンガ植林支援のためのチャリティースポーツを行いました。鳥取市内の湖山西地区体育館に大学生や社会人らが集まり、交流しながらスポ...[続きを読む

異文化理解交流マラウィ編

 YSP鹿児島では初めての企画として「異文化理解交流」を行いました。  今回はアフリカ大陸南東部に位置するマラウィから鹿児島大学博士課程に留学しているク...[続きを読む
PAGE TOP