活動レポート

多文化交流しゃんしゃん傘踊りPJ

 鳥取県の夏を彩る第55回「鳥取しゃんしゃん祭り」が8月13日と14日に開催され、メインイベントである傘踊りの企画に大学の留学生らとともに参加しました。当日は台風が通過する前日でしたが、何とか天候も持ちこたえ、1部と2部合わせて約3800人の踊り子が華やかな傘の花を咲かせました。
 多文化交流しゃんしゃん傘踊りプロジェクトでは、留学生との練習を6月から週2のペースで開始。傘踊りの練習を通してメンバー間の交流も行ってきました。
 外国人との交流が初めてのメンバーもいましたが、徐々にコミュニケーションが取れるようになり、しゃんしゃん祭り当日を迎えることができました。
 メンバーはチームで傘踊りに参加。練習の成果を発揮しておよそ2時間を踊りきりました。本番はあっという間に終わりましたが、メンバーからは「外国人の友人もでき、とても良い思い出になりました」という声が聞かれました。 

PAGE TOP