地域活性化と地方創生への取り組み

 日本国内の大きな課題が地方の人口減少、若者の大都市への流出が挙げられます。2040年には全国の約半分の地方自治体が消滅危機に陥るというデータも元総務大臣の増田寛也氏より示されています。自治会、町内会の高齢化も深刻です。

 YSPでは青年学生が地域活性化のプロジェクトを立ち上げ、地域の課題解決や地方創生に取り組むことを推進しています。過疎化の進む地域での農業ボランティアや商店街、駅前、公園での挨拶清掃活動、被災地支援、お祭りのサポート、子供たちと一緒に行う清掃活動、特別養護老人ホームでの慰問活動などを行っています。

 
 関連活動報告   
 

ファミリー清掃活動

 2月16日の午後、熊本市内の中心街の辺りで、昨年末と同じくファミリー清掃活動を行ないました。熊本県ピースロー […]
コメントなし

ピースボランティア

 1月26日、定例のピースボランティアを開催しました。短い時間ではありましたが、最初にアイスブレイクを実施しま […]
コメントなし

第2回ファミリー清掃ボランティア

 毎月第3日曜日は、「家庭の日」なので家族内のコミュニケーションの場という意図もあり、ファミリー清掃ボランチィ […]
コメントなし

PAGE TOP