国際貢献と多文化共生

 SDGsの目標10では『人や国の不平等をなくそう』が掲げられ、国内及び各国間の不平等を是正することを目標としています。2030 年までに、年齢、性別、障害、人種、民族、出自、宗教、経済的地位、その他の状況に関わりなく、すべての人々の能力を向上させて、社会的・経済的・政治的に関与できるよう促進するという目標が設定されています。

 YSPではインドネシア、カンボジア、ネパール、韓国での海外プロジェクトを推進し、フィリピンでの教育支援活動をサポートしてきました。国を超えた交流を推進し、各国間の偏見、不平等の是正に向けた活動に取り組みます。また、国内在住の外国人との交流活動、イベントの企画を通して、人種、民族、宗教の違いを超えて外国人が日本に住みやすい環境づくりをサポートしながら、多文化共生社会を目指します。
 
 関連活動報告   
 

まほろばプロジェクト

 1月18日(土)10時から15時に文化パルク城陽でYSP奈良「まほろばプロジェクト」の一環として海外支援のた […]
コメントなし

日韓青年学生平和プロジェクト

 YSP-Japanの第1地区連合会とYSP-Koreaは、2019年12月31日と2020年1月2日、日韓両 […]
コメントなし

もっともっと身近にSDGsに「まほろばプロジェクト」ブース出展

 11月4日、YSP南大阪連合会が主催となって開催された「もっともっと身近にSDGs」にYSP奈良連合会として […]
コメントなし

PAGE TOP