環境保護

 SDGsの目標15では『緑の豊かさを守ろう』が掲げられており、2020 年までに、あらゆる種類の森林の持続可能な管理を促進し、森林の減少を阻止し、劣化した森林を回復し、世界全体で新規植林及び再植林を大幅に増加させる目標が設定されています。

 YSPではインドネシアのバリ島でアジア植林友好協会の世界平和の森づくりプロジェクトをサポートしており、1本500円で4350本(2018年4月現在)の植林をしてきました。

 また、CO2吸収率が普通の植物より20倍高く、杉の木の50倍早く成長するモリンガの苗木を亜熱帯、熱帯地域の貧困家庭に支援し、その家庭の自立や野菜不足解消にも役立つプロジェクトを推進していきます。

 また、海浜、河川敷、山林での清掃活動も行い、環境保護の活動を推進しています。
 
 関連活動報告   
 

海岸クリーンアッププロジェクト

 11月30日、YSP山口連合会定例の海岸清掃活動を行いました。参加するメンバーも少しずつ定着しつつあり、月1 […]
コメントなし

国史跡「鳥取藩主池田家墓所」清掃プロジェクト

 11月16日、国史跡「鳥取藩主池田家墓所」の保存会が行っている清掃活動に「国際ボランティア・デー」記念企画の […]
コメントなし

差海(さしうみ)海岸清掃ボランティア

 11月10日、島根県出雲市で開催されている定例の海岸一斉清掃にYSP島根連合会出雲支部として5人が参加しまし […]
コメントなし

PAGE TOP