地域活性化と地方創生への取り組み

 日本国内の大きな課題が地方の人口減少、若者の大都市への流出が挙げられます。2040年には全国の約半分の地方自治体が消滅危機に陥るというデータも元総務大臣の増田寛也氏より示されています。自治会、町内会の高齢化も深刻です。

 YSPでは青年学生が地域活性化のプロジェクトを立ち上げ、地域の課題解決や地方創生に取り組むことを推進しています。過疎化の進む地域での農業ボランティアや商店街、駅前、公園での挨拶清掃活動、被災地支援、お祭りのサポート、子供たちと一緒に行う清掃活動、特別養護老人ホームでの慰問活動などを行っています。

 
 関連活動報告   
 

地域貢献の為の清正公祭り支援

 7月22日の日曜日に、熊本で伝統的に行われている清正公祭りに参加をしました。 YSP熊本からは地域貢献の一環 […]
コメントなし

被災地での英語ボランティア

 7月20日(金)と21日(土)の2日間に渡って、熊本大地震で震源地となった益城町で英語教育のボランティアを行 […]
コメントなし

ぎふレッシュ隊

 7月21日に加納城跡公園周辺を早朝ゴミ拾い活動を行ないました。参加人数は9人で1時間程行ないました。今回参加 […]
コメントなし

PAGE TOP