国際貢献と多文化共生

 SDGsの目標10では『人や国の不平等をなくそう』が掲げられ、国内及び各国間の不平等を是正することを目標としています。2030 年までに、年齢、性別、障害、人種、民族、出自、宗教、経済的地位、その他の状況に関わりなく、すべての人々の能力を向上させて、社会的・経済的・政治的に関与できるよう促進するという目標が設定されています。

 YSPではインドネシア、カンボジア、ネパール、韓国での海外プロジェクトを推進し、フィリピンでの教育支援活動をサポートしてきました。国を超えた交流を推進し、各国間の偏見、不平等の是正に向けた活動に取り組みます。また、国内在住の外国人との交流活動、イベントの企画を通して、人種、民族、宗教の違いを超えて外国人が日本に住みやすい環境づくりをサポートしながら、多文化共生社会を目指します。
 
 関連活動報告   
 

BTC(Beauty Town Club)

 10月29日(月)、奉仕活動(FCN)で柳原駅のガム取りと附属中学前駅の落ち葉掃除を行いました。参加者は5名 […]
コメントなし

チャリティースポーツ

 10月21日に開催されたYSP中国エリア恒例のサッカー大会にチャリティー企画として参加しました。今回は鳥取連 […]
コメントなし

秋田の留学生の稲刈りボランティア

 10月20日(土)YSP秋田連合会で「稲刈り体験ボランティア」を開催しました。今回はコラボ企画で秋田の草木谷 […]
コメントなし

PAGE TOP